【円形校舎物語8】 円形校舎と倉吉市庁舎 - 坂本鹿名夫と丹下健三 -

昭和34年(1959年)に発刊された「円形建築 坂本鹿名夫作品集」に、当時東京大学助教授だった丹下健三(大正2年(1913年)9月4日生)が推薦文を寄せています。

後に「世界の丹下」と言われ海外でも有名になる、丹下は広島平和記念公園・資料館、旧東京都庁舎などについで、昭和32年(1957年) 44歳の時に倉吉市の市庁舎を手掛けています。

坂本が倉吉市の旧明倫小学校の円形校舎を建築したのは、その2年前の昭和30年(1955年)44歳の時です。
どちらも新進気鋭の建築家として、世の注目を浴びるようになった初期の頃の貴重な作品です。

P 1958 坂本&丹下<フラー氏歓迎パーティー>
<バックミンスター・フラー氏の歓迎パーティーにて
 左から2人目が丹下、右から2番目が坂本 昭和35年(1958年)>

丹下健三 推薦の言葉
<丹下健三の推薦のことば 「円形建築 坂本鹿名夫作品集」より>

倉吉市庁舎 丹下健三
<倉吉市庁舎(S32)と丹下健三>

旧明倫小学校円形校舎 坂本鹿名夫
<旧明倫小学校円形校舎(S30)と坂本鹿名夫>